自分が「喪主」になる時が来る事を

自分が喪主になったときのために、葬儀の手順を一通り知っておくことは大切です。実際に自分が喪主の立場になる時には、悲しんでいる暇がないほどいろいろなことをしなければなりません。基本的に病院で亡くなった場合には、病院で紹介される葬儀屋さんなどにアドバイスをもらうこともできますが、知っていて対応するのとまるで知らないのでは判断する基準が変わってきます。

慌てないで冷静に物事を判断するためにも、また知り合い等の手伝いをするときにも役に立ちますのである程度の葬儀を行う時の手順を知っていたほうがよいでしょう。

まずほとんどの場合は病院で死亡宣告をしてもらうことから始まります。自宅で死亡した場合でもかかりつけのお医者さんがいなければ救急車で病院に運ばれることになります。

そこで死亡診断書を書いてもらわなければなりません。死亡診断書は公的証明力があります。これがなければその後の葬儀や火葬、埋葬をするための行政手続きができなくなります。

次の手順としては遺体を自宅等に搬送するのですが、その前に死化粧や身繕いなどを行います。宗教などによっては死に水をとるなどの儀式が必要な場合があります。また親近者など親しい人にも連絡するのもこのタイミングで行うといいでしょう。

その他菩提寺などお寺の住職などにも連絡をとっておきます。

病院から自宅に戻ったら、通夜や葬儀に関しての打ち合わせをするのですが、この時に喪主や世話役、受付等の役割分担を決めます。打ち合わせで決めることは、まず日時を決定し、それから宗派による葬儀の型や斎場や火葬場などといったことを決めていきます。

また会葬者の数を予想して、料理や香典返しなどの数量も決めなければなりません。

ここまで打ち合わせをすれば、葬儀にかかる費用の見積もりもわかってきますので、現金等を用意する必要が出てきます。

葬儀の用意に関しては葬儀社に任せておけば準備はしてもらえますが、喪主はその準備に不備がないか供花の順番や送り主の名前の確認など作業が主な役割です。

その後は通夜、告別式、火葬と続いていくわけですが、喪主の場合は故人の側についているのが通常です。火葬後は遺骨は喪主が胸に抱えて自宅に戻ります。

葬儀の手順としてはここまでですが、喪主としてはその後に香典返しや四十九日の法要、遺産相続の手続きなど期限以内にしなければならないことが多数あります。

支払いなどもありますから忘れないように手順としなければいけないことはメモしておくとよいでしょう。

Copyright© 2015 自分が「喪主」になる時が来る事を All Rights Reserved.